--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-11-28(Fri)

とある魔術の禁書目録2

ふとしたきっかけで、とある魔術の禁書目録 第2巻を読み直した。
初めて読んだのは数年前だった気がするけど、詳しくは覚えていない。

この巻は読んでいて、ものすごく違和感を感じた。
今回の舞台(建物)の設定は、世界の人と物を二つに分け(作中では表と裏と表現)、その<表>と<裏>は互いにいかなる干渉もできないと言うものだった。
作中では具体例として、歩くときの様子が出ていた。
歩くとき、足を地面に下ろすと、地面と自分に等しく体重掛かる(作用反作用)
ところがこの舞台では、主人公たちと地面(床)は違う世界に属するという設定のため、地面に一切の力が加わらず、自分に帰ってくるために歩くと普段の2倍疲労すると言うものだった。

さて、ここで問題がある。
移動するためには、推進力を得なければならない。
歩いての移動なので、基本的には地面との摩擦力。
摩擦力は、物体に力を加えることで、その逆方向に作用する力のこと。
前に進むためには、地面に後ろ向きの力を加える必要がある。
先の設定により、地面に力を加えることはできない。
よって、前に進むことはできない。

なのだが、どういったわけか、主人公たちは普通に歩いて行く。
まぁ、そうしないと話が進まないのだけど。
歩けると言うことを認めると、設定がおかしいか、例外があるという結論になる。
電波の件もあるし、おそらくは例外なのだろう。

否定的な内容を並べているが、別にこの本が嫌いなわけではない。
作者は少々文章が下手で、説明が下手で、「つまり」と書くがまったく詰まってなかったり、例文を出せば出すほどなぞが深まったり、強引な文章の水増し具合がひどいけど、世界観はなかなか好きだ。
ただ、なんだかんだと理屈をこねている本なのに、突っ込めるところを作中でフォローしていないと言うのは、ちょっと残念に思った。

more...

スポンサーサイト
2008-09-01(Mon)

重松清

部屋に積んであった10冊程度の重松清氏の本を一気に読んだ。
一気と言っても、全部読み終えるには数日掛かったわけで、単に勢いをつけてという意味だ。

ヘタレ、ダサい人、暗い話を上手に書ききれる人だな、と思った。
きれいに纏め上げる等と言う意味ではなく、泥臭く書き終えている。

彼の作品で最初に出会ったのは「きよしこ」だった。
何年か前の、時期は冬。
歌の「きよしこのよる」をふと連想したという、タダのギャグだった。
タイトルで読む本を選ぶ人間なので、そんな軽い気持ちで手にとったがために、痛い目を見た。
それでも読み終えると、なるほどな、と言う気分になった。
これ以上の感想は書くつもりは無い。

それから暫くたつが、最近になって「定年ゴジラ」読んで、火がついた。
そして最初の行に至った。
彼の作品は読むたびに、なるほどな、と思う。
2008-04-30(Wed)

藤堂家はカミガカリ

この本の帯の推薦文を読んでみて、思わず吃驚した。
そこに褒める文章が書いてあるのは、当たり前。
それにしても、著者の文章力を褒めちぎっていた。
抜群の文章センスだの、この文章力は麻薬的だの。

褒めすぎだろう。
きっと中身はそれほどでもないんだろうな。
そう思って読み始めた。

そしてやられた。
煽り文に偽りなし。
トリックと言うか、ネタと言うかは、割とすぐにわかってしまった。
それでも面白かった。

しかし、最大のトリックは表紙だった。
引っかかるほうが、どうかしてるとは思うけど。
2008-04-07(Mon)

ミミズクと夜の王

「ジャケ買い」という言葉がある。
主にCDやレコードなどで使われる言葉だと思うが、自分はたまに本でそれに似た購買衝動に駆られる。
先日、いつものように書店でぶらぶらしていたところ、この本の表紙を見みて、その瞬間に固まってしまった。
何か見覚えがある。
何か、聖剣伝説の絵に似ている。
まさか。
手に取り中を確認すると、まさにその通りだった。
運命の出会いだと思い、そのままレジへ向かった。
この表紙だけでも、買う価値はあると思った。

表紙だけじゃなく、中身も良かった。
最初のほうを読んだ限りでは、なんだか不思議な感じがする、程度の感想しか抱かなかった。
それでも読み勧めていくうちに、どんどんと深く嵌っていく……。

必要以上を書かない、最低限の描写。
それでも醸し出される世界観。
昔話みたいな物語だった。
久しぶりに、本当に久しぶりに、こういう「お話」に出会えたと思う。
ほっとする、感動のお話だった。
2008-04-06(Sun)

さよならピアノソナタ2

1作目を読んだ時、続編は出ないでこれっきりで終ったほうが良いいな。
そう思っていた。
でもやっぱり2作目は出てしまい、そしてやっぱり2作目も面白く読んだ。

相変わらず音楽用語や曲名がいくつも出てくるが、知らなくてもある程度は読める。
TVドラマなどでも、いろんな地名や建物の名前などの固有名詞が出てくるけど、知らなくても面白いものは面白いはずだし。
もちろん知っていれば、一層楽しめるのだが。
知らなくて、知りたい人は、ネットで検索すればいくらでも出てくるだろう。

今回は、季節が夏。
夏といえば合宿。
そして海。
さらにライヴ。


相変わらずヒロインはわがままで、主人公は鈍感で。
最後までなかなかのヒヤヒヤ振りだった。
最近に限らないけど、小説の登場人物は聡明な人がたくさん出てきたりするから、たまにこういうダメっぽい主人公のものを読むとちょっぴり安心する。
2008-03-30(Sun)

旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。


微妙そうだから、読め。
そう言われて、友達から押し付けられた。
古本屋で買うならともかく、そんなものを新品で買ったという。
しかも未読だという。
読んでから貸せよ。

とりあえず読んでみた。
モノローグっぽいところを読んで、思わず眉根をひそめ無くてはならなかった。
「是」と書いて、ルビに「イエス」とな…。

萬屋直人 って言う人のデビュー作だそうだ。
実際に読んでみて、荒削りかなという印象を受けた。
不要な説明文があったり、必要な説明文が短かったり、伏線も堂々としすぎだし。
中身は約3章に大きく分けられている(約と書いたのは読んでみればわかる)のだが、2章からは大分スムーズな文章になっているように感じた。

世界観やキャラ立ちは、良かった。
続編の予定は知らないけど、おそらく出ると思う。
これからの成長に期待な作家。

2008-01-23(Wed)

さよならピアノソナタ


何か最近ライトノベルづいてる気がする。
ペパーバッグは移動中に読むのに最適なのだ。
あんまり本を買わない人なので、友達が勧められると、いくらでも借りて読んでしまう。

本のタイトルの通り、音楽を題材にした小説。
クラシックの曲名が出てきたり、音楽用語が出てきたりする。
ちょっとじゃなく、結構出てくる。
特にクラシックの曲名のほうは、わかる人にはわかるけど、そっち方面に疎い人はさっぱりわからないかもしれない。
けれどわからなくても問題ないと思う。
音楽用語については、前後の文と文字の右(つまりルビ)にそれとなく説明があるので、知らなくても大丈夫。

ヒロインが元祖な意味でのツンデレ。
主人公がダメ男だけど、やればできる子。
そして幼馴染で腐れ縁の同級生の女の子。
強引でマイウェイな女先輩。


かなり狙っちゃってる感じがするけど、結構面白かった。
特に終わり方が良かったと思う。
ただし、続編が出なければ。
この手の学園モノは、書こうと思えばいくらでも続編が書けてしまうのが問題。
続編が出たら、それはそれで面白く読めるのだろうけど、ここでスパッと終って欲しい。
物語は終り時が肝心である。
カウンタ
カレンダ
07 ≪ 2017/08 ≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
Categories

openclose

月別アーカイブ
書いてる人

searth

Author:searth
DKだから翼は生えないけれど

ブログ内検索
リンク
最近のコメント
しおり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。