--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-30(Sun)

旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。


微妙そうだから、読め。
そう言われて、友達から押し付けられた。
古本屋で買うならともかく、そんなものを新品で買ったという。
しかも未読だという。
読んでから貸せよ。

とりあえず読んでみた。
モノローグっぽいところを読んで、思わず眉根をひそめ無くてはならなかった。
「是」と書いて、ルビに「イエス」とな…。

萬屋直人 って言う人のデビュー作だそうだ。
実際に読んでみて、荒削りかなという印象を受けた。
不要な説明文があったり、必要な説明文が短かったり、伏線も堂々としすぎだし。
中身は約3章に大きく分けられている(約と書いたのは読んでみればわかる)のだが、2章からは大分スムーズな文章になっているように感じた。

世界観やキャラ立ちは、良かった。
続編の予定は知らないけど、おそらく出ると思う。
これからの成長に期待な作家。

comment

comment form

管理者にだけメッセージを送る

カウンタ
カレンダ
07 ≪ 2017/08 ≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
Categories

openclose

月別アーカイブ
書いてる人

searth

Author:searth
DKだから翼は生えないけれど

ブログ内検索
リンク
最近のコメント
しおり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。