--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-01-19(Sat)

センター試験初日

北国の受験の神様は、受験生に更なる試験を課した。
前日まで全然降っていなかったというのに、前日深夜から朝にかけて大量に雪が降った。
家の前の雪を見たところ、大体25cmくらいだろうか。
普通の靴だと簡単に雪の中に埋まってしまう。
ちょっとしたブーツでも、歩く動作で跳ね上がった雪が飛散下降し、靴に入ってくる。
これは長靴しかないのだろうか、というような積雪具合だった。

ちなみに北国で育ちの自分の脳内では、長靴が2種類に分類されている。
雨の時に履く物と、雪の時に履く物。
前者は普通のゴム長とか呼ばれる物。
後者は、外観がひざ下くらいまでの長い長靴で、内側はもこもこふかふかして暖かい。
主に除雪する時に使用する。
今朝の雪のつもり具合では、一般的な前者で足りる程度だった。

しかし、自分が住んでいる地域は南区で、要するに山の中みたいなところである。
中心部はさほど酷くなかった。
それでも試験会場はいろんなところに散らばっているので、場所によっては雪を堪能できたのではないだろうか。

北国の受験生たるもの、勉強だけではなく、雪に負けないボディーと寒さに負けないソウルが必要だ。
朝は5時に起床し、除雪車が玄関の前に積んでいった雪をかいて進路を確保。
すばやく朝食を摂り、積雪による交通機関の遅延を想定し、7時前に出動だ。
防寒対策に着膨れし、防雪対策に長靴を履く。
多少機動力は落ちても、立ち往生しないことが重要だ。
人間は見てくれじゃないことを知る。

comment

comment form

管理者にだけメッセージを送る

カウンタ
カレンダ
09 ≪ 2017/10 ≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
Categories

openclose

月別アーカイブ
書いてる人

searth

Author:searth
DKだから翼は生えないけれど

ブログ内検索
リンク
最近のコメント
しおり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。